キャッシングサービスの利用申請をするにあたり、どうしても

キャッシングサービスの申し込みをする際にネックのひとつ・・

  • キャッシングの申込時にどうしてもネックになるのが、
    勤務先を確認するための在籍確認でしょう。
    常に自分が電話を受けることが可能な立場にある人なら気にもならないと思うのですが、
    そうでなければ、
    電話に出た同僚に感付かれるのではないかと気になるのも仕方ありません。
    実際は、
    電話を介しての「在籍確認」があるといわれる金融業者の場合でも、
    会社への電話を避けられることがあります。
    100%ではありません。
    ですが、
    電話相談を事前にしておくと、
    勤め先を証明できる書類を用いて「在籍確認」をするなど、
    別の方法を提案してもらえるケースがあるためです。
    一例としては、
    社員証、
    健康保険証、
    給与明細書などになりますが、
    そういった書類を申し込みの際に提出しさえすれば、
    勤務先への電話を回避できるチャンスがある、
    というわけです。
    なるべく勤務先への電話を避けたいのであれば、
    申し込みの際に一度可能かどうか尋ねてみるといいでしょう。


    日々の出費がかさんで生活のために必要、あるいはレジャーをするお金が欲しい、といった感じ・・

  • 毎日の出費がかさみ生活していくために必要、
    あるいはレジャーをするためのお金が欲しい、
    などのように理由は様々あると思いますが、
    カードローンやキャッシングをこれから利用するのなら、
    銀行及び消費者金融とではどういったところで違うのか事前に知っておきましょう。
    まず「銀行」の場合は、
    消費者金融よりも審査基準は厳しいのですが、
    「低金利」という、
    マイナスを補うに値するメリットがあります。
    消費者金融の場合は、
    その反対で、
    審査基準がゆるく設定されていますが、
    「高金利」がマイナスポイントになります。
    消費者金融で借入れを行った場合は、
    最高20パーセントです。
    ですが、
    近年は、
    消費者金融の借入れに際しても17パーセントくらいで貸してくれます。
    それから、
    消費者金融では、
    貸金業法による「総量規制」と呼ばれる制限があり、
    借りて側の年収の3分の1が借入限度額となっています。ソフトヤミ金

    出費がかさんで生活のために必要、およびレジャーのためのお金が欲しい、な・・

  • 出費がかさんで生活するために必要、
    またレジャーのお金が欲しい、
    など理由は色々あると思いますが、
    少額ながらお金を借りたいと思うこともあると思います。
    もしも、
    金融業者からお金を借りるつもりなら、
    消費者金融あるいは銀行のカードローン・キャッシングがかなり便利です。
    どちらでも保証人いらずで、
    さらには、
    個人の場合であれば、
    50万円程度まで借入れが出来てしまうのです。
    なんとしても現金が必要になった場合は、
    運転免許証・パスポートなどの本人確認できる用紙に加え、
    源泉徴収票それに確定申告書といった収入証明の2つを用意しておけば、
    借入れ申請が可能です。
    特定はできませんが、
    金融業者によっては、
    本人確認書類だけで申し込みできるところもあります。
    ですが、
    他の人の名義での借り入れはできません。
    借入れ申請で提出する本人証明は、
    他人ではなく、
    ご自分のものを使いましょう。


  • TOPへ